11月開催 石見レストランフェア 記者発表会


2021年10月15日


石見地方の観光振興事業を行っている石見ツーリズムネットが、東京の調理師会とタッグを組んだ石見の料理キャンペーンを発表しました。 江津市桜江町の「風の国」で今月あった発表会。石見ツーリズムネットには、島根県西部の観光施設や特産品の製造販売店など30社が加盟しています。今回は東京の調理師会と初めてタッグを組み、『石見フェア』を11月8日から30日まで開催。都内を中心とした約20店舗でノドグロやアナゴといった石見地方の食材を使った料理を提供します。 東京調友会倶楽部・齋藤道明会長: 「東京では熟練の技で長くやっている職人が多いので、石見の食材でよい料理を作っていただき、次につながるような形でぜひ成功させたい」 また『石見を旅するレストラン』と題し、東京のレストランの壁に石見神楽や石見地方の観光地を映して映像を見ながら石見の料理を楽しんでもらう、コロナ禍ならではのレストランツーリズムも11月14日に開催します。 このほか石見ツーリズムネットの加盟店では、11月から石見の食材を使った新メニューも提供する予定です。


yahoo ニュース

https://news.yahoo.co.jp/articles/d1eec56dee2ead5ae7a388e1b61e38982e632228



6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020年活動報告会

東京調友会倶楽部の活動報告会を開催致しました。 コロナ渦の状況下の中で、会員の方々にお集り頂きました事を 心より感謝申し上げます。

東京調友会倶楽部は一般社団法人となります。

令和2年3月17日に、東京調友会倶楽部は、一般社団法人となり 法人名を「一般社団法人東京調友会倶楽部」となりました。当会の目的、事業に関しましては以下の通りになります。 (目 的) 当法人は、調理師の資質向上及び調理師技術の合理的な発達を計り、調理師の地位向上と調理師技術を活かせる新たなフィールドの開拓を行うことを目的とするとともに、調理師を目指す環境を整えることなどを通じて少子高齢化社会の日本に